おいしい野菜の保存方法

見出し

旬の野菜は栄養価も高く、家庭菜園で収穫出来たり、八百屋さんでも安価で手に入りやすく、身体にも財布にもとってもやさしいです。
たくさん手に入ったら上手に保存し美味しく食べましょう。
(旬の野菜は収穫カレンダーを参考にしてね。)

基本の保存方法

・野菜の保存方法のコツは、野菜が畑にある姿を思い出して
保存することです。
・さらに野菜の特性や性質を考えて野菜の保存を
すると長持ちします。

(保存のコツ)
・野菜は立てておく。
・葉菜、根菜は乾燥させない。
・痛みのあるところは取り除いておきしょう。(移ります)
・葉や根の部分は養分を吸ってしまうので先に使うか切ってしまいましょう。
(そのうち花が咲くことも・・・)
・葉菜は涼しい所に置く。
・根菜は冷やしすぎない。(冬には気をつけましょう!)
・漬物、ピクルスにしてしまう。
・干し野菜にする。(栄養価も増加!)

野菜ごとの保存方法

そらまめ

27PHAB2721そらまめは、新鮮第一。購入後はすぐに食べてしまうのがおすすめです。また、豆が空気に触れるとどんどん風味が落ちるので、調理する直前さやから出すのがよいでしょう。
食べきらない場合は、固めにゆでて冷凍しましょう。

 

 

なす

mininasuなすは水分が蒸発しやすく、特に、風に当たると早くしなびてしまいます。保存するときは、水分が逃げないように1個ずつラップに包んで冷蔵庫の野菜室に入れましょう。保存温度が5℃以下になると身が縮んでしまうので、冷しすぎに注意。購入してから3~4日で食べてしまうのがベストです。
長く保存する場合は、煮物や炒め物など、調理をしてから密閉容器に入れ、冷凍保存します。ただし、生のまま焼いたものは冷凍保存には向きません。

きゅうり

minikyuきゅうりは熱にも水にも弱い野菜なので、ラップやビニール袋に入れて保存しましょう。また急激な温度変化、特に低温には弱く、冷やし過ぎるとビタミンCが壊れるので、10~15度で冷蔵庫の野菜室に立てて入れれば、4~5日は保存可能です。
寒い冬場には冷蔵庫で保存せずに、風通しの良い冷暗所で保管するのが最適です。
また、長期保存する場合は、スライスして水分を絞って冷凍保存し、冷蔵庫で解凍すれば和え物などに使用できます。

トマト

tomato

真っ赤に熟しているもの・・・袋に入れるかラップをして冷蔵庫の野菜室で保存しましょう。

青みの残っているもの・・・常温で保存すると自然に熟して赤くなります。赤くなったら冷蔵庫の野菜室へ。

冷凍して保存する・・・水洗いして水気をしっかりふき取り、丸ごとラップで包み、さらにビニール袋に入れて冷凍庫へ。赤く完熟したものは丸ごと冷凍すると、水で洗うだけで皮がするりと剥けるのでソースや煮込み用に便利です。