オレゴン州ポートランド近郊農園訪問記

7月19日から26日まで、米国オレゴン州ポートランドを訪問。ブルーベリー栽培が盛んな近郊農園の直売方法と市街地でのファーマーズマーケットを見学することが目的。僕自身がこれから農園での野菜・果物の直売を実施するにあたり、参考にできないかと考えての訪問。もちろん、日本でも朝市や農家の直売は実施されており、足繁く見学に行っているが、直売が普段の生活により根付いているといわれる欧米諸国の現状は日本でも学ぶべきところがあると考えている。

新鮮野菜直売・秦野いとう農園ホームページへ


最初の訪問地は、ポートランドの北西部、Sauvie Island にある"Kruger's Farm"。ブルーベリーの他、野菜やフルーツを栽培している。この工場倉庫のような赤茶色の建物は直売所。倉庫中央のトラクターはKruger Farmのロゴ。


朝7時、直売所オープン前だったので、準備を終えた店員さん達もくつろいだ様子。販売品目はほとんど自家栽培。パイナップルなど一部フルーツは持ち込みだとのこと。


ブルーベリー,ブラックベリー$2.00/pintとあるが、1パイントの小箱からあふれんばかりに詰め込んでこの値段は安い! 朝8時のオープン前で、ちょうど品揃えが終わったところだった。それにしても、1農園の中にこんな広い直売施設があるのはやはり米国の広さというところか。


倉庫の裏手には広大な農場が広がる。畑は約30acre(約12hr)。手前にはスイートコーンが無造作にバラマキされている。雑草がほとんどないので、恐らく播種前に除草剤処理はしていると思われる。大きな木の左側にブルーベリー畑が広がっている。


ブルーベリー畑。広い野原に、これも無造作に植えられている。品種はハイブッシュ系で、近くの労働者(ヒスパニック系の労働者があちこちで作業していた)に品種を聞いたが知らないとのこと。植栽密度は2m×2m程度で日本での推奨密度とほぼ同じ。ここは雑草が伸び放題で、ほとんど管理らしい管理はされていないとみえる、が、ブルーベリーの木は元気で、かつ実はジューシーかつ非常に良い香りがする。やはり土壌と気候が適しているのだろう。


同一品種で畝が構成されているが、ところどころに違う品種を植えている。異品種混在の方が良い実ができるという、教科書どおりの植え方です。


ブルーベリー畑の隣はラズベリー畑。1本を垂直に誘引する仕立て方。これも人の背丈まで元気に生育し、実もたわわに実っている。やはり除草処理はしておらず、通路は雑草が茂っている。


若いブルーベリー園。定植して3,4年目であろう。まだそんなに実がついていない。米国では7,8年ごとに畑を移動させて常に元気な成木を継続栽培をしていると聞いており、広大な畑をうまく利用していると感じた。


ブドウ畑。かなり密植しているので、そのうち間引くと思われる。10人が同時に除草しながら畝間を通り抜けている。ここまで見ただけでも約15,6人の労働者が働いている。これでも法人組織ではなく、あくまで個人経営。日本の農家と比較してもしょうがないが、やはり規模の大きさでは圧倒される。


直売所が開店し、徐々にお客さんが入ってきた。


農園の案内をしてくれたスーザンさん。ご主人のドナルドさんとこの農場を切り盛りしている。僕のつたない英会話を補いながら気さくに質問に答えて頂いた。 後ろのビン詰め商品は全てKrugerオリジナル品。ブルーベリーだけでも、ジャム、ソース、シロップの3種類を販売している。


次の訪問地は、Kruger's Farmのすぐ近くにあるSauvie Island Blueberry Farm。普通の家の隣にこのようなテントを張っている。受付には平日なのに中学or高校くらいの女の子が店番しているだけ。バケツを渡してくれて、収穫したものを量り売りするとのこと。料金は&1.00/pintとこれまた非常に安い。


ブルーベリー畑。このような畑が3箇所に点在しており、本日はここが開放されていた。8列×12本で構成。これはハイブッシュ系だと思うのだが、それにしては樹高が高く、2mを超えている。園はきれいに整備され、横の花も摘み取りできるようになっており、農場というより、観光摘み取り園として運営されている。


3番目の訪問地。同じSauvie Island内にあるこの地区最大の農場。なんと45acre(約18hr)!!、といってもピンとこないのだが、とにかくこの門から中、地平線までがこの農場畑であった。。


広大な農場にしてはなんとも簡素な受付。平日の午前中はまあどこでもこんな感じなんだろう。受付のおばちゃんに聞くと、出荷のメインはDoleや??(聞き取れなかった)などいくつかの大手食料品店への販売で、男衆はその収穫&調整にかかりっきりで、女性陣が直売を切り盛りするそうだ。客は受付横のダンボール箱を持って園内で収穫する。あまりにも広いので園内の移動も車。


桃畑。こんな樹木でいっぱい。恐らく1hr以上ある。日本のような水蜜系でなく、少し歯ごたえのある食感だが甘み、香りともよく、美味い。


実の重さで折れそうな枝ばかり。こういうつっかい棒を立てるだけでも重労働だろう。。しかし、日本のように袋かけはしてないようなのに、実が非常にきれいだし病害虫にやられてるところも皆無。農薬がどれくらい使われているか、少し心配だが、考えてみると、オレゴン州は温暖だが湿気が少ない気候であり、病気に関しては、日本のように神経質にならなくても育ってしまうのかもしれない。それにしても見事な桃じゃ!


ブルーベリー園。通路、株間間隔は2m×1.5mと、やはり標準的な作り。通路除草もほどほどというところか。ここは早生品種なのか、収穫は終盤の畑。その奥には地平線の森まで全てスイートコーン畑。点在するスプリンクラーが勢いよく放水している。乾燥気候が故、灌水はかかせないだろう。しかしこのSauvie Island地区は水が豊富。なんといってもコロンビア川からの支流がそここに流れているので、1年中枯渇することない水量が近隣の畑を潤している。


ブラックベリー畑。ツル性のブラックベリーの枝をこのようにぐるぐる巻いているのは初めてみた。確かに、効率よく株をまとめられそうだし、実の収穫も、楽にみえる。僕の畑でもブラックベリーを栽培しており、この仕立て方を使わせてもらおう。


花も直売。”U-CUT”は自分で好きな花を切り取って下さいということ。なかなか面白い販売方法だなと思う。


グラジオラス畑。畑をもったいないくらい広く使っている。


アスター畑、だったかな??


花畑はひとところにまとまってはおらず、野菜畑の合間にこのように点在。右の道路は畑の中の通路。地平線までず〜っと畑です。スプリンクラーもいったい何本回しているのか。


奥がラズベリー畑。子供達にラズベリーのとり方を説明中。


収穫品は量り売り。ブルーベリーなどベリー類は$1.00/pint。これがこのあたりの相場みたい。ピーチは60c/pint、これも安い!


ミニトマト畑。砂漠に無造作に植えられているようで、本当にこれで売れるものが作れるのかと思ってしまう。日本だときちんと支柱を立てて誘引、わき芽をとって1本仕立てにするのだが、ここはまったくの放任栽培。


違う品種のトマト畑。まだ実がついていないのだが、恐らくミニトマトであろう。


さあ、あの3人は何をしているのでしょうか?


ストロベリーの収穫でした。露地でこれだけ疎植、しかもビニールを敷かない栽培は日本では無理だろう。というかお客さんがあまり見栄えを気にしないで収穫しているから、これで成り立つのであろう。


深耕ロータリー付トラクター。でかい、、70馬力くらいあるだろう。こんなのが合計4台、倉庫にあった。この農場ではトラクターによる園内ツアーもやっていて、休日にはけっこう人気があるらしい。


ポートランド東部Happy Valley地区のROSSI Farms。I−84とおりに近く、街中の直売所という感じ。オシャレな看板が目をひく。


直売所の建物。最初に訪問した倉庫とは異なり、直売所という雰囲気がある。


陳列はいたってシンプル。ただしROSSI Farmではブルーベリーは栽培しておらず、平台のブルーベリーは近くの農場からの持ち込みだそうだ。


収穫した野菜はこのダンボールごと冷蔵庫で予冷し、そのまま陳列。なんとも大雑把な気がするし、これだけ積み上げると下の方のつぶれが心配なのだが。。まあ、供給量に不足はないし、いいのかなあ。


スイートコーンもこういう状態で陳列。これは今朝の採りたてとのこと。確かに、生でかじっても甘みがあり、柔らかくて美味かった。


どこの国でもやんちゃな子供がいるんですな。”噛むな”、”つつくな”、”なめるな”、”剥くな!”などなど、デッカクでています。


ベリー類の本場ならではだろうが、どこの直売所でもジャムやソース類は豊富だし、安い。ジャムはブルーベリーよりも、この写真のようにブラックベリージャムが多い。確かにブラックベリージャムは適度な酸味があり、美味しいと思う。特にこの写真の"Marionberry"は美味しいと思うし、またこの品種を使ったジャムが多い。細長いビンはソース、ずんぐりしたのがジャム。


G・M Farms 森林内に倉庫・住宅があり、その横に野菜畑、果樹園が広がっている。


トマト畑。垂直に誘引。日本では露地の場合、合掌作りが多いのだが広い畑がある米国では日照を十分浴びられるように1本立ちさせている。湿気による病気も少ないからだろう、雨よけのビニールもかけていない。これで美味しいトマトが作れるのだからうらやましい。


米国の案内図はどこもこんなもの。これを頼りにレンタカーでいくのはなんとも至難の技であった。。

新鮮野菜直売・秦野いとう農園ホームページへ