ポートランド市内ダウンタウン直売所見学


新鮮野菜直売・秦野いとう農園ホームページへ


ポートランド市街は緑に溢れている。この写真では高層ビル街にみえるが、ビルの谷間には木々生い茂る公園がいたるところにある。ここを訪問した7月は真夏であったが、市街の通りは全て高い並木通りになっていて涼しい木影を作っている。



毎週水・土曜日にダウンタウン内の公園で開催されているファーマーズマーケット。ポートランド近郊農家が夫々テントを持ち込んで直売をしている。今日は水曜日なのだが大盛況であり、市民生活によく溶け込んでると感じた。また、高い木々に囲まれていてテントがなくても暑い陽射しを和らげている。


午後になっても客足はまったく途絶えない。近くにCity Hall(市役所)があり、日本でいうと、横浜の関内・桜木町駅からみなとみらい地区に行く途中にマーケットが出ているようなもんだから、集客には困らないのだろう。



収穫したばかりの野菜を無造作にコンテナやバスケットに入れて販売。おそろいのエプロンかけておじさん達も大忙しです。インゲンは3種類あるのが一般的らしくどの店でもこの3品が置いてあった。



ブルーベリーは$2.50/pint。先日訪問した農園の直売より若干高めだが、それでも安い!。同量のミニトマトが隣にあるが、収穫の手間がかかる分、ブルーベリーの方が高めに値段設定しているのだろうか。



欧米ではトマトは調理加熱して食する方が多いと聞いていたが、生食用トマトの方が多く販売されていた。ミニトマトだけでなく、大玉トマトも遠慮なく試食する姿があちこちで見受けられた。モモもプラムもこちらではこの1pintパックを使用しているが、詰め込むには無理があるような。



ホウレンソウ(Spinach)は日本のような束ではなく、根元を切り取って秤売りするのがこちらの流儀らしい。



有機野菜を販売している店。割高であり、見栄えもイマイチ、人気もイマイチであった。陳列方法をもう少し考えた方がよいかも、と素人ながらに感じた。と、いうか、慣行農法の野菜でも美味しいものは美味しいし、長年食しているポートランド市民の健康的な身体を拝見していると、こだわりも適当にというところか。



直売に出展している農園は全てオリジナルロゴを掲げている。このロゴだけ見てても楽しいもの。これは日本でもウケると思うし、お客に覚えてもらいやすいだろう。



ここの有機野菜は前述のところより、見栄えよく陳列されていて、客足もそこそこ。



マーケットをあとに、ちょっと一杯。昼間でもビールが飲める!、のが観光旅行のいいところ。この店のビールは美味かった。



ビールのハシゴをしてしまった。もう夕方で外も涼しくなり、テラスでビールを楽しむ人も増えてきた。ここはビール工場併設のパブ。ウエイターに、「ここはオレゴンでも老舗の地ビール工場だと聞いて日本から来たんだ」みたいなことを話すと、なんと無料で飲ませてくれた!



市立図書館。ブルーベリー関連の本が日本には少なく、ここならあるのではと考え、立ち寄った。



予想どおり、ブルーベリー関連の本がいくつか見つかった。栽培関連と病害虫関連。この写真のJ,Kがブルーベリーを食害する虫。日本に、これに相当するものが存在するかは、今後調べてみたい。



いくつか参考になる箇所を図書館内のコピー機でコピーして持ち帰ることにした。



ポートランド中心部マップ (クリックで拡大図)
右が北。南北に流れる川がWillamette River。この川沿いは広い公園。ジョギングが盛んらしく、ランニングする人々が絶え間なく横切る。 市街地は過去2回の大規模整備が実施され、最初が地図の右半分、ちょうど東西(地図では上下)方向にきれいに区画されたOld Town/Chinatown、2回目が地図左半分の若干北西-南東方向にずれて区画されたところがある。経済の中心は後者。ブランドショップ、ホテル、官公庁が並ぶ。 市内から出るルートがよく整備されており、環状に作られたハイウエイにのって東西南北にスムースに出られる。今回訪れたブルーベリー農園のうち、Sauvi Island地区は地図右上R30方向、ROSSI Farmは地図下のR84方向にある。



新鮮野菜直売・秦野いとう農園ホームページへ